読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れもの

あらまあ!なんて良い気候なんでしょう!
休みというのに相変わらずノブ&ヒッキーな
ババアです。

わたくし、忘れもののプロとしてはマジちょっとしたもんでプロフェッショナル仕事の流儀で取り上げて頂きたい位マジプロっす。

忘れもの部門に属するのは大抵、買ったものを
何処かに忘れてくるという
技名はカッタラワスレルッスです(何のひねりもないシライか)

細かいものを挙げれはきりがないのだけれど
一度だけ驚愕な忘れものをした事があり
妹もいまだにネタにしてます。
別に買ったものではなく
最初に何を忘れたかというと

車🚘です

ほんとネタでもなんでもなく実話で、マジ自分
やべーなと自分で自分がシンジラレナーイと
反省した事案です

あれはかれこれ30才くらいの頃
借りていたレンタルビデオ(この頃はまだDVDと半々だった)を返そうと駐車場に行くと

あれ!?車がない!なんでや!?
もー旦那が仕事に乗って行ったか!?と思い
旦那に電話するが乗ってってないと言う

そしてこの時私はピン❗️ときた!←このピン❗️の打率大体巨人捕手の小林レベル

朝ニュースでやってた!やってた!
盗難車を海外に流すニュース!
謎は解けた❗️
ヤバい!私の車が海外にに横流しされてしまうー!何とか阻止しなければ!
と思いもうすっかり悪に立ち向かう江戸川コナンきどりよ。

見た目は蛭子!頭脳も蛭子!その名も名探偵オバン❗️
チャラチャチャーチャラチャチャチャラ
チャラチャラチャチャラチャチャー←テーマソング

そして旦那に電話し
「車、盗まれたわ!警察に盗難届けだすわ」
と言い残し警察にちゃっちゃと電話したわ

そして現れた警察官は見た目フツーだった。
ああん。こんな一世一代の時はイケメンがよかったのに〜
なんて不謹慎な事を思いながら車がない旨を
報告した。

したら!事もあろうかそのフツーの警察官はこんなセリフで攻撃してきた

「奥さん〜本当に盗まれたんですかあ〜?
何処かに忘れてないですか〜?」

いや!いや!あーた!どこの馬鹿が車で出かけて車に乗らずに帰ってくるのよ!
と、もう少し品のある風に変換し反撃した。

「これ、一斉に盗難手配しますよ〜本当にいいですかー?」

「いいんです!しちゃって下さい!そして憎っくき犯人を捕まえましょう!」

と、マキバオー並みに鼻穴おっぴろげ高らかと宣言をした。
盗難手続きの書類を書き終え、そしてフツーな顔の警察官は去って行った。

さ!とりあえず落ちついたとこだし、買い物行こう〜っと♪とマンションの下に行くと
ママ友にバッタリ出会い
そしてママ友が

「ねーねー今、お巡りさんと話してたけど
何かあったの?」と、これまた暇な主婦が
事件のおすそ分けを欲しそうに聞いて来た。

私は「あのねーカクカクシカジカ


てな訳なのよ〜」

と、少ないけど事件のおすそ分けです〜的に
事細かに話したさ

したら、ママ友は
「そういえば私も前自転車盗まれたと思ったら
スーパーに忘れてあった事があってねー」
と、お間抜けエピを教えてくれた。

その瞬間❗️
え?Σ('◉⌓◉’)

も、も、も、もしかしてーーー❗️
私は走れメロスのごとく歩いて3分の所にある
スーパーの駐車場に向かった。

あったぁぁー!あった!あった!あったー!
よかったぁー

即座に車に乗り帰ったら警察に電話して謝ろっとと思い車を走らせたその数秒後
後ろから何か聞こえてきた。

うう〜←サイレンの音
「そこの車止まりなさいーー!」

と、白バイが追いかけてきたー!
私は車を横付けにすると、何と、さっきの警察官だった( ̄O ̄;)

「だから言ったでしょー!」と怒鳴られこっぴどく怒られた

あのね。あのね。いい訳すると車で出かけて
帰りにいつも歩いて行くスーパーに寄り
買い物中、
今日からプロ野球開幕だ!スタメン誰かなー?♪
などと浮かれポンチでその事ばかり考えてたら
いつもの癖で、歩いて帰ってきてしまったのだ。

すぐ乗れば気が付いたかもしれないが、一週間位車に乗る事がなかったためすっかりスーパーの事も忘れてしまっていた。

これを教訓に!と気をつけようと思ったはずな
のに、
何も変わらない自分に心底ラリアットかましたい気分です。