読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメダメかあちゃん

こんにちは。←誰に向かって?
今日は母の日らしいです。毎年、母の日は一応実家の母にお花と諭吉(一枚だけ)をあげます。

そしていつもこの日に気付くのだけれど
私も母だ。
しかし、いまだかつてこの日の恩恵を受けた事がない。世の母達はどんな手を使って恩恵を受けてるんだろうか!?
まんじゅうの箱の底に札束並べ、
「お土産にどーぞお持ち帰り下さい。イヒヒ」
「まあ!これはこれは私の1番の大好物です。イヒヒ」
などと家のリビングがまさにカッコ〜ンという音が聞こえて来るような高級料亭に様変わりし
西田敏之と酒でも酌み交わしておるのか?

な訳ねー
いや、そんなくだらん妄想で世間の光り輝くおかー様、奥様達と同じ舞台に立つ事を避けてきた私へのむくいか!

まあー素敵な奥様、お母様になるつうのは
なんとハードルが高い事でしょう❗️❓
もう今からじゃどんな匠だって廃墟のような
私を洗練されたマダムにリノベーションする事は不可能だ。

大体休みの日はずんの飯尾ばりに
ゴロゴローゴロゴロー
「はあーうちに家事えもんが机の引き出しから
出てこねーかなー」
「はあー朝起きたら松嶋菜々子になってねーかなー」
いやいやせめて森尾由美でもいい!←失礼
などと鼻ほじりながら間抜けな顔で妄想。

こんなんじゃきっと
「お母さんてさー毎日間抜けじゃね?間抜け通り越して、毎日蛭子じゃね?」
などと兄弟間で合言葉のように囁かれてるに
決まってる!


ま、いっか😄


そんな2人も早すっかり社会人。
い、い、い、いつの間に❗️
タイムスリップでもしたか⁉️

なんかわかんないけど私にとって母の日は
子供が無事私のようにならないでよかった♪と
噛み締める日なのだ。